TOP>販売統計

販売統計

マンスリーレポート推移



◆12月の天候概要について、北日本と西日本では気温が低かった。日本海側では、北陸地方を中心に記録的な大雪となった所があり、太平洋側では降水量は少なかった。沖縄・奄美では、日照時間はかなり少なく、降水量はかなり多くなった
◆生鮮物の相場状況について、農産物では野菜が前月に続き安値で推移した。水産物については、卸売市場への入荷量がやや少ない上に価格もやや弱含みとなり、畜産物では国産の和牛と豚肉、鶏肉がともに高値となった。
◆前年に比べ日曜、月曜日が1回少なく、水曜、木曜日が1回多い曜日回りであった
◆新型コロナウイルス感染症は第3波が拡大し、11月下旬に政府が「勝負の3週間」と対策を呼びかけるも感染拡大はとめられず、月末にかけて感染者数は過去最多を更新。大阪府と旭川市では医療体制の逼迫により自衛隊の災害派遣が行われたほか、一部地域では外出自粛要請や時短要請の延長がされ、外国人の新規入国とGoToトラベルは月末には一時停止となった
◆客数減、客単価増、買上点数増が続いている

スーパーマーケット統計調査

2021年

2020年

バックナンバー


マンスリーレポート

2021年

バックナンバー


商品分類ガイドライン