TOP>販売統計

販売統計

マンスリーレポート推移



◆10月の天候について、気温は北日本で高かった一方、その他の地域では前年よりも低く平年並みであった。降水量は東日本の日本海側でかなり少なく、東日本と西日本の太平洋側で多くなった。日照時間は北日本と東日本の太平洋側で少なく、西日本と沖縄・奄美で多くなった
◆生鮮物の相場状況について、農産物は、上旬は前月に引き続き高値であったが、中旬以降は前年を下回った。水産物は、前年並みの入荷量で卸売価格は前月よりやや高いものの、前年よりやや安値であった。畜産物では、和牛の価格が上昇し前年並みまで回復、豚肉は前月に比べて安値になったものの前年比では引き続き高値、鶏肉は高値が続いた
◆前年に比べ金曜日と土曜日が1回多く、火曜日と水曜日が1回少ない曜日回りであった。また祝日回数は2回少なかった
◆新型コロナウイルス感染症は、先月に引き続き全国1日当たり新規感染者数が三ケタで推移したものの、GoToトラベル対象に東京都発着分の追加、GoToイートのスタート、全世界からの観光以外の新規入国を再開するなど、人の動きが活発となった
◆前年は台風などの災害特需による売上の増加や消費増税後の売上の減少があり、本年はそれらの反動があったとのコメントがみられた

スーパーマーケット統計調査

2020年

2019年

バックナンバー


マンスリーレポート

2020年

バックナンバー


商品分類ガイドライン