TOP>販売統計

販売統計

マンスリーレポート推移



◆7月の天候について、気温は北日本でかなり高く、沖縄・奄美地方では低かった。降水量は、北日本でかなり少なく、東日本の太平洋側では大雨の影響でかなり多かった。日照時間は、北日本から東日本の日本海側にかけてかなり多くなり、沖縄・奄美地方では少なかった
◆生鮮物の相場状況について、農産物では野菜全体が前年に比べて安値であった。果物については、りんご、なしが前年に比べて安値、メロン、すいかは高値で推移した。水産物は、総入荷量が前年に比べてやや増加、卸売価格は前年並みで推移した。畜産物では、牛肉・鶏肉は前年に比べて高値で推移、豚肉は前年並みであるものの、平年に比べて高値で推移した
◆土・日・祝日の合計は11日で、前年と比べて土曜日が1日多かった
◆新型コロナウイルス感染症の拡大により、7月12日より東京都に4回目の緊急事態宣言が発令され、既に発令されていた沖縄県の緊急事態宣言は8月22日まで延長された。また、埼玉県・千葉県・神奈川県・大阪府におけるまん延防止等重点措置は8月22日まで延長された
◆商品動向全体では、気温の上昇によって夏物商材が好調に推移した一方で、野菜の相場安や牛肉・豚肉の相場高により、野菜および畜産が苦戦したとのコメントがみられた。また、オリンピック開催期間中は、酒類が好調であったとのコメントがみられた

スーパーマーケット統計調査

2021年

2020年

バックナンバー


マンスリーレポート

2021年

バックナンバー


商品分類ガイドライン