TOP>販売統計

販売統計

マンスリーレポート推移



◆9月の天候について、気温は北日本と東日本でかなり高く、降水量は台風や前線、湿った空気の影響で西日本の日本海側で多く、日照時間は西日本の太平洋側と沖縄・奄美でかなり少なかった。台風10号は特別警報級と予想され、交通機関の運休や、企業・小売店などでは休業が計画実施された
◆生鮮物の相場状況について、農産物は、野菜相場が落ち着きを見せた一方、果物は国産品を中心に高値が続いた。水産物は、前年並みの入荷量と卸売価格であった。畜産物では、和牛が引き続き安値となり、豚肉と鶏肉は高値が続いた
◆前年に比べ日曜日と月曜日が1回少なく、火曜日と水曜日が1回多い曜日回りであった
◆新型コロナウイルス感染症は、全国の1日当たりの新規感染者数がおおよそ300〜600名で推移したものの、イベント制限緩和やGoToトラベルキャンペーンなどの影響があり、人の動きが活発となった。しかし店舗においては来店客数が減っているとのコメントが多く見られた
◆前年は生活関連・衣料品や加工食品などに消費増税前の特需がみられた為、前年同月比を割った

スーパーマーケット統計調査

2020年

2019年

バックナンバー


マンスリーレポート

2020年

バックナンバー


商品分類ガイドライン