TOP>販売統計

販売統計

マンスリーレポート推移

総売上高と昨年比の推移
総売上高と昨年比の推移
既存店昨比
既存店昨比
6月の天候について、平均気温は上旬から中旬は前年を下回る地域があったものの、月の平均気温は全国的に高かった。降水量は北海道地方ではかなり多かった。日照時間は東日本の太平洋側ではかなり多く、東日本と西日本の日本海側で多かった。
関東甲信地方では、平年より22日早い6月29日ごろに梅雨明けとなった。(6月は観測史上初)
生鮮品の相場状況は、野菜は「にんじん」「じゃがいも」「たまねぎ」を中心に月間を通して安値、果実では国産の「りんご」と輸入の「チェリー」が高値であった一方、国産の「さくらんぼ」や「うめ」は安値であった。水産物は市場への総入荷量が少なく、「いわし」や「するめいか」などの大衆魚が高値であった。畜産物では国産の豚肉が高値であった一方、国産の鶏肉は「もも肉」「むね肉」ともに安値であった。
前年と比べ、土曜日が1回多く木曜日が1回少ない曜日廻りで、売上にプラスの影響を与えた。

スーパーマーケット統計調査

2018年

2017年

バックナンバー


マンスリーレポート

2018年

バックナンバー


商品分類ガイドライン